美白肌をつくる栄養素と食品

美白

 

美白のためには紫外線ケアやスキンケアなど肌の外からのケアも大切ですが、肌の内側からのケアも同じように大切です。美白効果のある栄養素を意識して摂ることで、肌の内側から肌に働きかけて、美白肌になることができます。また、食材のほとんどはスーパーで安く購入できるものです。高価なスキンケア商品を使うのもよいですが、手軽に美肌を目指したい方は、食事から見直すとよいです。

 

ビタミン群

美白に効果のあるビタミンは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがあります。ビタミンAはカロテンです。紫外線による肌の炎症を防ぐ働きがあります。また、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも効果があります。うなぎや牛乳、レバー、ほうれん草、にんじんに多く含まれています。ビタミンCは美白化粧品にも配合されており、美白成分の代表格です。

 

水溶性ビタミンなので、毎日食事から摂取することが大切です。多くの果物や野菜から摂ることができます。ビタミンEはシミをできにくくしたり、肌のターンオーバーを促す働きがあります。また、肌の自然治癒力を高めるので、ビタミンEを十分に摂っていると、肌が紫外線ダメージからの回復しやすくなります。胚芽米や玄米、ごま、ナッツ類に多く含まれています。

 

タンパク質

 

肌はタンパク質(アミノ酸)からできています。良質なタンパク質が不足していると、新しい皮膚を作れなくなり、肌のターンオーバーができなくなります。また、肌の保湿だけでなく、シミ・ソバカスを防ぐ働きのあるコラーゲンもタンパク質からできています。なので、健康でシミのない美白肌を作るためには、食事でタンパク質を摂取することが大切です。

 

タンパク質は肉や魚に多く含まれています。ダイエット中の方も、肉や魚は摂るようにしましょう。ささみや白身魚など脂質の少ない部位や種類を選べば、ダイエットの妨げにならず、良質なタンパク質を摂ることができます。

 

その他

L−システインは美白化粧品にも使われる、美白成分です。メラニンの生成抑制やメラニンを肌から排出するのを助ける働きがあります。大豆やはちみつに多く含まれています。アスタキサンチンも今注目の美白成分です。メラニン抑制や抗酸化作用に優れています。サーモンやエビ、カニなどから摂ることができます。リコピンは抗酸化作用が高く、美白効果だけでなくアンチエイジングでも注目されている成分です。トマトに多く含まれています。

 

シミ・シワの予防改善に