顔のエイジングケア

顔のエイジングケア

同窓会などで同じ年齢なのに見た目年齢には個人差がありどきりとしたことがあります。
きちんとお手入れしていてもどうにもならないとき。
エステに行こうかどうか、効果があるという高い化粧品を買おうかなどいろいろ考えています。

 

でも正直なるべくお金をかけたくないと思い食事でコラーゲンを採る努力をしています。

 

すると少し法令線がうすくなったような効果がありました。

 

問題はたるみです。わたしが行き着いた化粧品は韓国の漢方を使った基礎化粧品です。

 

即効性があるようで、たるみはだいぶ改善されました。

 

価格もそんなに驚くほど高くはなく、続けています。

 

基礎化粧品でお手入れするときは、しっかりお肌に浸透させています。

 

週に一度、ピーリングをして古い角質を除ききれいなお肌が再生するように促す努力もしています。

 

顔のマッサージは最近さぼり気味ですが、頭皮マッサージをよくするようになってから少し顔の筋肉が上がったように感じています。

 

今の寒い季節はとくにお肌の乾燥に良くないので、マスクをしたりマフラーで口元をガードしています。

 

簡単なことしか続かないのですが、日々の努力が将来につながることを信じてエイジングケアに励んでいます。

 

30歳を過ぎて増え始めたシミ

顔のエイジングケア

10代20代の頃はとにかくアウトドアが好きで、夏になれば川辺でバーベキューをしたり海水浴へ行ったり、冬になるとスノーボードをしたりととにかく特に何も考えずにガンガン日焼けをしていました。

 

もちろんある程度は日焼け止めを塗っていましたが、そこまで念入りに塗っているというわけではありませんでした。

 

20代後半からお化粧をする時にふと鏡を見て見ると、薄っすらとシミの様なものが鼻の頭や頬に出来ていました。

 

ファンデーションで隠れるのでそれほど気にもとめていなかったのが、30代になるとあっという間にシミが増えていました。

 

薄っすらとだったシミが濃い色のシミになってきて、ファンデーションで隠すのも難しくなってきました。今では朝晩のスキンケアにしっかりと美白化粧水や美容液でお手入れをしていますが、出来てしまったシミは中々消えてくれません。

 

お化粧をする時も、ファンデーションでは隠しきれないシミにはコンシーラーを使用しています。デパートの化粧品売り場へ行っては、最新の美白コスメをいつも探しています。

 

10代20代の頃にもっと気をつけて念入りに日焼け止めを塗っていればここまで苦労することは無かったと思います。予防するということは大切だなと思いました。

 

エイジングケア対策のひとつはほうれい線なくし

顔のエイジングケア

40歳手前にしてエイジングケアをはじめました。なかでもほうれい線のケアを頑張っています。ほうれい線が目立つと急に老けた印象に見えてしまいます。
夕方になるとほうれい線にファンデーションがたまってしまうこともあります。

 

最近、鏡で顔をじっと見ていたら、自分の顔が下向きになっていて、ほうれい線が余計に目立っていることに気付きました。

 

しかも目の下のたるみも一緒に目立って完全に老け顔でした。良く考えてみると日常の生活で私は顔が下がっているような気がしてきました。

 

パソコンやスマホを長時間見ていることもそうですが、猫背なのも顔が下に向きがちな原因かなと思いました。

 

顔を上向きにするように意識したらしわも少なく見えるし、顔が明るく見えます。それに気づいてからは、猫背を治すように意識し、両手を後ろに組んで胸を張るようにしたり、肩や腕を回す運動をやっています。また気持ちがふさぎがちだと顔が下を向いてしまうのでリラックスすることにも気を付けています。

 

肌のケアでは、オリーブオイルマッサージをしています。洗顔の前にスチームタオルを顔に当てたあと、料理に使っているオリーブオイルで顔をマッサージします。

 

ほうれい線を伸ばすように引っ張っているのと、たるみの引き上げ、疲れやすい目元のツボ押しなどをやっています。肌の調子のいいときはほうれい線が目立ちませんが、やはり少し乾燥すると目立ってくるのでその後の保湿のケアもまた念入りにやっています。

 

参考記事

 

TOP⇒ロスミンローヤル