ロスミンローヤルの副作用|第3類医薬品は安心?

ロスミンローヤルは口コミや情報誌等で多数紹介されています。多くの人は「効果が出ました!」と嬉しい声が続々と出ているようです。一方で不安要素もあるようで、健康食品ではなく医薬品と言うところに心配があるようです。

 

ロスミンローヤルを使用して本当に大丈夫かどうか?医薬品についての説明を交えつつ紹介していきます。

 

ロスミンローヤルの副作用|医薬品の違いって何?

そもそも薬品にある「第〜類医薬品」について疑問が出てくると思います。まずはその部分から見ていきましょう!

まず第1類医薬品からです。

第1類医薬品は、主に第1類医薬品を使用し、その医薬品から副作用や日常生活に支障が出る恐れがある医薬品の事です。こちらの医薬品は薬剤師からの説明が必要であり、もし薬剤師がいない、もしくは説明を受けないと購入することはできません。

次に第2類医薬品です。

第2類医薬品は、主に第1類医薬品以外で副作用や日常生活に支障が生じる恐れがある医薬品です。この第2類医薬品が全体の6〜7割を占めているため、薬局で目にする薬品の多くはこちらになります。ちなみにこちらも薬剤師がいないと購入できませんが、別段商品説明を受けることはありません。あくまでも「努力義務」ですので薬事法第36条6項4号のようにこちらが「説明はいりません」と意思表示すれば説明を受けないで良いのです。

 

ロスミンローヤルは第3類医薬品だけど大丈夫?

ではロスミンローヤルの第3類医薬品を見ていきましょう。

 

第3類医薬品は上記で紹介した第1類・第2類以外の一般用医薬品になります。とは言っても医薬品ですので、健康食品やサプリメントよりも効果を発揮します。

 

また第1類・第2類と比較して副作用の問題が無いとされています。ちなみに第3類医薬品の場合、1人でも薬剤師がいれば商品を販売するのは一般の従業員でも問題ありません。

 

そのため、ロスミンローヤルは例え第3類医薬品と分類されても副作用の危険性が無いため安全と言えます。

 

ロスミンローヤル副作用まとめ

 

最後になりますが、医薬品と言う表示を見ますと中には「本当に大丈夫なの?」と不安に感じると思います。しかし、ロスミンローヤルは第3類医薬品として認可されていますので、副作用や日常生活に支障が生じるようなことは無いでしょう。

 

ロスミンローヤルの口コミをまとめているので参考にしてください!

 

⇒ロスミンローヤルの悪い口コミと良い口コミ

 

よく読まれている記事