肝斑の原因と肝斑に効く薬

肝斑に効く薬

肝斑ができる原因の一つとして、女性ホルモンとの関連性が考えられます。妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけとしてできやすくなったり、精神的ストレスによりホルモンバランスが乱れることも影響すると言われています。

 

肝斑の大きな特徴として、両頬骨に沿ってほぼ同じ形状で現れることです。比較的広い範囲で輪郭がはっきりしない形で広がります。額や口の周辺にもできることがありますが、目の周囲にはできません。

 

肝斑のケア方法

肝斑の対処方法はまず、紫外線対策です。紫外線は肝斑が発生する直接的な原因ではありませんが、紫外線の影響を受けて悪化する性質があります。

 

外出時だけでなく、室内にいる時も日焼け止めを塗って紫外線対策を心掛けることが大切です。

 

肝斑ができやすい年齢は30代から40代です。症状が見られるのは50代後半までで、閉経とともに薄くなったり消えたりする傾向にあると言われています。

 

肝斑に効果的なのは内服薬

肝斑に効果があることで知られているのが、トラネキサム酸です。メラノサイトに働きかけて色素沈着を抑える働きをするトラネキサム酸を服用することで肝斑が改善されるのですが、副作用もありますので服用する際には注意が必要です。

 

トラネキサム酸は、止血剤なので血栓ができやすい体質の方(動脈硬化)は服用することができません。

 

自分では肝斑だと思っていても肝斑でない場合も多々あり、自己判断が非常に難しいのが肝斑点です。もし肝斑だと判明した場合は長期的、継続的な治療が必要となりますので、正しい見極めをするためにも、経験豊富な皮膚科医に相談することをお勧めします。

 

その他にも肝斑には、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)別名アプレシエとも呼ばれているビタミンC誘導体の一種も効果があります。ビタミンC誘導体の1000倍の吸収力で真皮までしっかりと浸透し、その効果はレチノールを圧倒的に上回るほどです。

 

⇒APPS配合のローション|2剤式で一番良い状態のビタミンCを肌に届けることができます。

 

それから、女性ホルモンのバランスを整える簡単な方法として、湯船にゆっくり浸かる、深呼吸をするといった方法で、心と体をリラックスさせるだけでもホルモンバランスはかなり改善されます。

 

また、普段の食事の中で女性ホルモンを整える効果の高い豆乳などを積極的に摂取することも有効な方法です。

 

副作用の心配もない|肝斑に効く薬

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れによってメラノサイトが活性化し『シミ(肝斑)』ができています。

 

なので、この女性ホルモンの乱れを整え、肌代謝を促進しメラニンを追い出すことができれば肝斑は徐々に改善することができます。

 

その医薬品が『ロスミンローヤル』です。美白有効成分と生薬成分を含む国内唯一のシミ・シワに効く医薬品です。

 

生薬成分は、肌の代謝促進や女性ホルモンの乱れを整える働きがあり、老人性色素斑だけではなく肝斑にも高い効果が期待できます。

 

ロスミンローヤルに含まれる生薬成分の「シャクヤク」には、女性ホルモンの分泌を整え、肌も美しく艶やかになるとされています。<日本漢方生薬製剤協会より>

 

美白有効成分と生薬成分で肝斑を含むアンチエイジングをトータル的にケアすることができる薬です。

 

>>ロスミンローヤルの詳細と初回75%オフはこちら<<

 

よく読まれている記事