キミエホワイトは怪しい薬なのか?

キミエホワイト

キミエホワイトと検索してみると「怪しい」という言葉が出てきますね。
キミエホワイトは、第3類医薬品に分類される国の認可が下りたお薬なので怪しい薬ではありません。

 

『怪しい』というのは、『効果があるのか?』調べている方が多いということです。

 

キミエホワイトは、美白有効成分を含みメラニンに働きかけシミを予防改善する医薬品です。

 

ただこの「怪しい」という言葉の裏には、「効果が実感しづらい」ということがあります。

 

シミを薄くするには、メラニンを追い出すために肌の代謝を促進することが大切ですが、この肌代謝は20代の一番早いときでも最低1ヶ月はかかるからです。

 

なので、シミが薄くなったと実感するまで数ヶ月継続して服用する必要があります。

 

キミエホワイトよりも効果が期待できる医薬品!?

シミに効く医薬品というと、キミエホワイトが有名ですが、キミエホワイトよりも高い効果が期待できる医薬品があります。

 

それが、『ロスミンローヤル』です。美白有効成分に加え生薬成分を含むシミ・シワに効く国内唯一の医薬品です。

 

ロスミンローヤルは、生薬成分を含んでいるので女性ホルモンの乱れによってできるシミ「肝斑」にも効果が期待でき、女性特有の生理不順や冷え性の緩和にも効果が期待できます。

 

キミエホワイトとロスミンローヤルの成分を比較しているので参考にしてください。

 

⇒キミエホワイトとロスミンローヤル成分から比較