キミエホワイトとハイチオールどっちが効く!?

 

キミエホワイトとハイチオールはどっちがシミの予防改善に効果が期待できるのか?

 

それぞれの配合成分から比較してみていきたいと思います。どちらも医薬品なので、確かな効果が期待できるのは間違いないのですが実際のところどっちがいいのか?

 

また、シミに効く医薬品でもっとも効果が期待できるのもはなにか?ご紹介していますので参考にしてください。

 

キミエホワイトとハイチオールの配合成分

キミエホワイトの配合成分

ハイチオールの配合成分

  • L-システイン 160mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
  • ニコチン酸アミド 60mg
  • リボフラビン(ビタミンB2 ) 12mg
  • L-システイン 240mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC ) 500mg
  • パントテン酸カルシウム 24mg

 

キミエホワイト、ハイチオールの成分比較

キミエホワイトとハイチオールに配合されている美白有効成分はほとんど同じであることがわかります。キミエホワイトは怪しいとも噂されていますが、配合成分からみても確かな効果が期待できます。

どっちが効くのか?

有効成分やビタミンB2が配合されている「キミエホワイト」の方がハイチオールよりもシミの予防改善の効果が期待できます。

 

ただ、シミに一番効果が期待できる医薬品が「キミエホワイト」なのか?というとそうではないです。
キミエホワイトよりもシミの予防改善に効果が期待できる医薬品があります。

 

それがロスミンローヤルです。美白有効成分と生薬成分を含み、国内唯一シミ・シワに効果が期待できる医薬品でもあります。

 

キミエホワイトとロスミンローヤルの配合成分を比較しているので参考にしてください。

 

⇒キミエホワイトとロスミンローヤルの配合成分比較

なぜ、ロスミンローヤルなのか?

ロスミンローヤルには、生薬成分が含まれているので美容をトータルにサポートすることができるからです。

 

肌の代謝促進や、女性ホルモンの乱れなどを整える作用があり、メラニン色素を追い出し、「肝斑」など女性ホルモンの乱れが原因のシミにも効果が期待できます。

 

また、ロスミンローヤルはキミエホワイトとは違い、シミだけではなくシワにも効果が期待できる国内唯一の医薬品でもあります。