キミエホワイトプラスの副作用|成分は安全なもの?

キミエホワイトプラス副作用

シミで悩む実のお母さんのために、親孝行の息子さんが開発した「キミエホワイトプラス」
1日3回飲むだけでシミやそばかすを緩和してくれるというものです。

 

しかし気になるのがその副作用ですよね。せっかくシミやそばかすが少なくなっても他の症状が出て、飲めなくなってしまっては意味がありません。

 

さすがにお母さんのために開発されたものなので、ひどい副作用は出ないはずです。しかし、どんな薬やサプリメントでもそうですが、絶対に副作用が出ないというものはありません。

 

やはり飲む前に、キミエホワイトプラスにはどのような副作用の可能性があるのか知っておきたいところです。

 

ではさっそくキミエホワイトプラスの副作用について見ていきましょう。

 

キミエホワイトプラスは副作用のリスクが低いというのは本当?

公式サイトを見てみると、キミエホワイトプラスは副作用のリスクが少ないと紹介されています。

 

確かにキミエホワイトプラスは、第3医薬品に分類されています。医薬品は第1よりも第2、第2よりも第3の方が副作用のリスクが低いとされています。

 

しかしリスクが低いと言うだけで、先ほども言ったように絶対に副作用にリスクが無いというわけではありません。

 

口コミやレビューなどを見てみると、少なからず副作用が出てしまった人はいらっしゃいます。その内容は、湿疹や吐き気、下痢、身体のだるさなどです。

 

とは言っても、副作用が出たという報告は本当に少数です。キミエホワイトプラスは比較的副作用が起こりにくい医薬品と言えるでしょう。

 

キミエホワイトプラスの副作用はなぜ起こる?含まれている成分から検証!!

キミエホワイトプラスに含まれている主な成分は、「L-システイン」「アスコルビン酸」「パントテン酸カルシウム」です。

 

L-システイン

L-システインにはメラニンの生成を抑える働きがあります。そのためシミやそばかすに効果があるのですが、摂り過ぎると副作用が出てしまいます。

 

その副作用とは、髪の毛の色素が薄くなってしまい白髪が増えてしまう、体毛が薄くなる、紫外線に弱い肌になってしまう、などです。

 

L-システインの1日の摂取量の目安は1000mg程です。多くても1500mgまでにしておきましょう。

 

アスコルビン酸

アスコルビン酸はビタミンCのことです。もし必要以上の量を摂ってしまっても尿として体外に排出されますので、あまり問題はありません。

 

その時は、尿の色が黄色くなってしまうことがありますが、こちらもあまり問題はありません。

 

ただアスコルビン酸には腸を活発にする働きがあるので、明らかに摂り過ぎてしまうと下痢をしてしまう可能性があります。特に空腹時に多く摂ってしまうと下痢の症状が出てしまいます。

 

アスコルビン酸は空腹時に2000mg以上摂取すると吐き気が起こり、通常の場合でも1000mg以上摂取すると下痢の症状が出やすくなってしまいます。

 

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムは、ほとんど副作用が起らないとされています。水溶性ビタミンなのでアスコルビン酸と同じく、多く摂り過ぎてしまってもすぐに体外に排出されます。

 

こちらも明らかに多く摂り過ぎてしまうと、腹痛や下痢を起こしてしまう可能性があります。

 

キミエホワイトプラスの副作用まとめ

キミエホワイトプラスは比較的、副作用のリスクが低いです。それは配合されている成分がシミに効果があり、かつ副作用が出ない量で作られているからです。

 

副作用が起こるのは、必要以上に成分を摂取してしまった場合です。キミエホワイトプラスは1日3回1錠ずつ飲むように決められています。

 

シミやそばかすに効果があるからと言ってたくさん量を飲めばいいわけではありません。必ず決められた用法用量を守って飲むようにしましょう。そのように飲んでいれば、副作用のリスクはあまりないでしょう。

 

ただしやはり元々の体質に合わない、という方もいらっしゃいますので、万が一副作用が出てしまった場合は、服用を中止し医師に相談して下さい。

 

 

>>キミエホワイトプラス詳細|初回半額以下でお試しはこちら<<

 

 

 

キミエホワイトプラス参考ページ