キミエホワイトとシミトールどっちが効く!?

キミエホワイトとシミトールどっちがシミの予防改善に効果が期待できるのか?

 

どちらも国に認可された医薬品なのでシミに効くということは間違いありませんが、気になるのはどっちが効くのかですね。

 

ここでは、キミエホワイトとシミトールの配合成分から比較してみたいと思います。

 

キミエホワイトとシミトールどちらを購入するか迷っている方は参考にしてください。

キミエホワイトとシミトールの配合成分

キミエホワイトの配合成分

シミトールの配合成分

  • L-システイン 160mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
  • ニコチン酸アミド 60mg
  • リボフラビン(ビタミンB2) 12mg
  • ビタミンCとして 2000r
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 1400r
  • アスコルビン酸カルシウム 726r
  • リボフラビン酪酸エステル 6r

【添加物】

  • 乳酸水和物
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • ショ糖脂肪酸エステル

キミエホワイトとシミトールの配合成分からわかること

キミエホワイトは代表的なL−システイン、ビタミンCなどを配合し、メラニン抑制、代謝アップなどが期待できることがわかります。
反対にシミトールは、主にビタミンCを配合した医薬品であることがわかります。

 

ビタミンCの含有量ならシミに効く医薬品中でもトップです。
シミトールはビタミン剤に近い薬であると言えます。

 

配合成分からトータル的にシミの予防改善効果が期待できるのはキミエホワイトでしょう。

 

>>キミエホワイトの詳細と公式ページはこちら<<

キミエホワイト、シミトールよりも効果が期待できる医薬品!

キミエホワイトやシミトールよりもシミの予防改善に効果が期待できる医薬品があります。
それが、『ロスミンローヤル』です。

 

キミエホワイトやシミトールに配合されている成分を含み、さらに生薬成分を配合したシミ・シワに効く国内唯一の医薬品です。

 

生薬成分が配合されているので、肌の代謝アップを促進し、女性ホルモンの乱れを整えるので「肝斑」にも効果が期待できます。

 

キミエホワイトとロスミンローヤルの成分を比較しているので参考に!

 

⇒ロスミンローヤルとキミエホワイトの成分比較