ロスミンローヤルとキミエホワイトどっちが効く!?

ロスミンローヤルとキミエホワイトどっちがシミの予防改善に効果が期待できるのか?

 

どちらも第3類医薬品に分類されているお薬なので効果があるというのは間違いありませんね。

 

そこで、ロスミンローヤルとキミエホワイトの全配合成分から比較してみたいと思います。

 

ロスミンローヤルとキミエホワイトで迷っている方は参考にしてください。

ロスミンローヤルとキミエホワイト配合成分

ロスミンローヤル成分

キミエホワイト成分

  • L-システイン 160mg 
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg 
  • パントテン酸カルシウム 15mg 
  • リボフラビン(ビタミンB2) 10mg 
  • ニコチン酸アミド 30mg 
  • ローヤルゼリー 50mg
  • DL-メチオニン 100mg
  • ビタミンE散(50%) 50mg
  • チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg
  • カルニチン塩化物 50mg
  • 安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
  • グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
  • トウキ末 100mg
  • シャクヤク末 200mg
  • ブクリョウ末 150mg
  • ソウジュツ末 150mg
  • タクシャ末 100mg
  • センキュウ末 100mg
  • ハンゲ末 100mg
  • ニンジン末 100mg
  • L-システイン 160mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
  • ニコチン酸アミド 60mg
  • リボフラビン(ビタミンB2) 12mg

ロスミンローヤル、キミエホワイト比較

配合成分からみて、ロスミンローヤルに軍配が上がります。
キミエホワイトに含まれている美白有効成分は、ロスミンローヤルにもしっかり含まれています。
また、含有量もほとんどかわりません、若干キミエホワイトの方がビタミンCが多いです。

 

ロスミンローヤルは美白有効成分が豊富なだけではなく、生薬成分を含んでいます。

 

生薬の効果として、肌の代謝を促進、女性ホルモンの乱れを整えるなどの働きがあり、『肝斑』などのシミにも高い効果が期待できます。

 

シミに効く医薬品を考えているならロスミンローヤルは最も効果が期待できます。

 

>>ロスミンローヤル75%オフでお試し|詳細はこちら<<

 

 

ロスミンローヤルの口コミをまとめているので参考にしてください。

 

⇒ロスミンローヤルの悪い口コミと良い口コミ