ロスミンローヤルの配合成分からわかる効果

ロスミンローヤルは、美白成分、美容成分に加え、生薬成分を配合している医薬品です。

 

シミ・小じわに効く国内唯一の医薬品ですが、ここでは実際に配合されている成分からその効果について詳しく解説していきます。

ロスミンローヤルに配合されている成分

美白・美容有効成分 1日9粒あたり

美白・美容有効成分

生薬成分

  • ローヤルゼリー 50mg
  • L-システイン 160mg
  • DL-メチオニン 100mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg
  • ビタミンE散(50%) 50mg
  • チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg
  • リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
  • ニコチン酸アミド 30mg
  • パントテン酸カルシウム 15mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg
  • カルニチン塩化物 50mg
  • 安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
  • グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
  • トウキ末 100mg
  • シャクヤク末 200mg
  • ブクリョウ末 150mg
  • ソウジュツ末 150mg
  • タクシャ末 100mg
  • センキュウ末 100mg
  • ハンゲ末 100mg
  • ニンジン末 100mg

ロスミンローヤルに配合されている成分をみると、アンチエイジング、メラニン色素抑制、代謝促進の効果が高い医薬品であることがわかります。具体的に見ていきましょう。

 

ロスミンローヤルの主要成分の効果

L-システイン

メラニン色素の発生を抑制し、肌の代謝を促進する働きがあります。美白の医薬品と言えばL-システインがほとんど配合されています。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)

ビタミンCと言えば、美白効果、美肌効果とても高いということ認知されていますが、実際にはそれ以上の働きが期待できます。メラニン色素の抑制、還元でシミの予防改善、抗酸化作用が高く、肌の老化を予防することもできます。

 

ローヤルゼリー

ビタミンC同様に、抗酸化作用があり肌の老化劣化を予防することができます。アンチエイジング、美肌効果が期待できる成分です。

 

生薬 シャクヤク

生薬の「シャクヤク」には、女性ホルモンの乱れを整え、肌を美しく艶やかにする効果があります。女性ホルモンの乱れを整えることができるので老人性色素斑(一般的なシミ)以外にも『肝斑』の予防改善も期待できます。

 

ロスミンローヤルが他の医薬品と違うところ

シミに効く医薬品というのは、たくさんあります。シミトールキミエホワイトも医薬品でありシミを予防改善する効果が期待できます。

 

それでもロスミンローヤルが選ばれる理由は、やはり”アンチエイジングをトータル的に行える”ということでしょう。

 

メラニン色素の抑制と還元、肌の代謝促進、抗酸化作用で、シミだけではなくシワの予防改善もできます。

 

シミに効く医薬品をお探しでしたら、一度ロスミンローヤルをお試ししてみることをおすすめします。
初回お試し75%オフキャンペーン中ですのでお見逃しのないようにしましょう。

 

>>ロスミンローヤル初回75%オフでお試しはこちら<<

 

 

ロスミンローヤル参考記事