ロスミンローヤルとシミトールはどっちが効く!?

 

ロスミンローヤルもシミトールも医薬品として認可を受けている第3類医薬品ですね。

 

どちらも、医薬品なので確かな効果が期待できますが、どっちがシミを予防改善できるのか?はとても気になると思います。

 

ここでは、ロスミンローヤルとシミトールの配合成分から検証していきますので参考にしてください。

ロスミンローヤル、シミトールそれぞれの配合成分

ロスミンローヤルの成分

シミトールの成分

  • L-システイン 160mg 
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg 
  • パントテン酸カルシウム 15mg 
  • リボフラビン(ビタミンB2) 10mg 
  • ニコチン酸アミド 30mg 
  • ローヤルゼリー 50mg
  • DL-メチオニン 100mg
  • ビタミンE散(50%) 50mg
  • チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg
  • カルニチン塩化物 50mg
  • 安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
  • グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
  • トウキ末 100mg
  • シャクヤク末 200mg
  • ブクリョウ末 150mg
  • ソウジュツ末 150mg
  • タクシャ末 100mg
  • センキュウ末 100mg
  • ハンゲ末 100mg
  • ニンジン末 100mg
  • ビタミンCとして 2000r
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 1400r
  • アスコルビン酸カルシウム 726r
  • リボフラビン酪酸エステル 6r

 

【添加物】

  • 乳酸水和物
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • ショ糖脂肪酸エステル

 

ロスミンローヤルとシミトールの配合成分からみる

ビタミンCだけみると、シミトールの含有量は圧倒していますが、シミの予防改善の効果をトータル的に見てみるとやはりロスミンローヤルの方が効果が期待できます。

 

ロスミンローヤルには、美白有効成分に加え、生薬成分を含んでいるので肌の代謝の促進や女性ホルモンの乱れを整える働きがあります。
一般的なシミ老人性色素斑だけではなく、女性ホルモンの乱れが原因の「肝斑」にも効果が期待できるのです。

 

ロスミンローヤルとシミトールどちらかで迷っているなら間違いなくロスミンローヤルをおススメします。
シミだけではなく、シワにも効く国内唯一の医薬品でもあります。

 

また、ロスミンローヤルは現在75%オフでお試しすることが出来ます。

 

>>ロスミンローヤル75%オフでお試しはこちら<<