顔のシミには種類がある

顔のシミと言っても、すべてのシミが同じ原因ででき、同じケア方法で改善するということはありません。
ここでは、顔のしみの種類とその原因、ケア方法についてご紹介していきます。

顔のシミは大きく4つの種類がある

老人性色素班

一般的に「シミ」と言われているものが、この老人性色素班です。
この老人性色素班の原因は、紫外線よるメラニン色素の蓄積です。

 

ケア方法

老人性色素班のケアは、美白化粧品と内服薬どちらも有効です。
ハイドロキノンを含む美白化粧品や当サイトで紹介している「ロスミンローヤル」もとても有効なシミタイプです。

 

炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡などが、この炎症性色素沈着です。
原因は、炎症が残り色素沈着をしている状態で肌のターンオーバーが遅れていることです。

 

ケア方法

炎症性色素沈着は、肌を修復し肌の代謝を促進するケアが有効です。
ビタミンC美容液やピーリングでのケアがとても有効なケア方法になります。

 

肝斑

肝斑は、頬辺りに左右対称にできるシミです。
原因は、紫外線ではなく女性ホルモンの乱れによるメラノサイトの活性です。

 

ケア方法

肝斑のケアは内服薬がもっとも有効で、内側からケアをします。
女性ホルモンの乱れを整え、肌代謝を促進する「ロスミンローヤル」はとても有効です。

 

そばかす

そばかすは、遺伝的要素が強い「シミ」になります。
原因としては、遺伝、また紫外線の影響があります。

 

ケア方法

そばかすもメラニンによるシミなので、美白化粧品や内服薬が有効です。
ただ、遺伝的要素がとても強いものなので紫外線対策の徹底と、ケアの継続がとても重要になります。

 

シミの種類にあったケアをする

顔のシミには上記のように種類があり、ケア方法も異なります。
正しいケア方法を行うことが、もっと効果が高く時間もかかりません。

 

まずは、自分のシミはどのタイプのシミなのか?しっかり把握することが大切です。

 

また、日々の紫外線対策を徹底するようにしましょう。

 

顔のシミに効く薬参考記事