シミ、そばかす、肝斑の違いとケア方法

シミそばかす肝斑ロスミンローヤル

女性なら誰もが気になるシミ。

  • でも最近良く聞く肝斑って何?
  • そばかすとの違いって??
  • シミは消せるの???

さまざまな疑問がありますよね。

 

そこで今回はシミ・そばかす・肝斑の原因と特徴、治し方についてお話していきたいと思います。

 

シミ、そばかす、肝斑それぞれの原因と特徴

シミの原因と特徴

 

よく「若いころに日焼けをしすぎると歳をとってからシミになる」なんて言われませんでしたか?

 

実はその通りなのです。人の身体は紫外線を浴びると活性酸素が大量に発生します。活性酸素は身体の中を酸化させる作用があり、それを防いでくれるのがメラニンという色素です。ご存知の方も多いと思いますが、このメラニンがシミを作る原因となってしまいます。

 

ただしお肌のターンオーバーが正常に行われていれば、このメラニン色素は垢となって体外へと排出されるのですが、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れによりターンオーバーが乱れると皮膚に色素沈着してしまいシミとなってしまいます。

 

30代からできやすくなり、両頬やおでこ、目の周りなどにできることが多いとされています。

 

そばかすの原因と特徴

そばかすの多くは遺伝性のもので、子どものころからあります。中には子どものころはなくても、シミと同じように紫外線などによるダメージで発生してしまうこともあります。

 

鼻と頬のあたりに細かく散らばるようにできるのが特徴です。先天性のものであれば、加齢とともに薄くなることもあります。

 

肝斑の原因と特徴

肝斑もシミのひとつなのですが、シミとは違い紫外線に当たらなくてもできてしまうことがあるのです。大きな原因のひとつは女性ホルモンの乱れです。

 

女性ホルモンが乱れると、ケラチノサイトという表皮のほとんどを占める細胞が刺激されます。ケラチノサイトが刺激されるとプラスミンという物質が体内に増え、それによってメラニン色素が作り出され、シミとなって表れてしまいます。

 

女性ホルモンの乱れが原因ということで、肝斑が発生する人の多くは30〜40代の女性です。妊娠や出産によってホルモンバランスが乱れてしまうからです。

 

さらに更年期なども関係してきますが、60代を超えると肝斑はほとんど見られなくなります。肝斑は輪郭がもやっとしていてわかりにくいのが特徴です。

シミ、そばかす、肝斑の治し方

シミの治し方

シミの基本的な治し方はスキンケアです。紫外線対策をしっかりすることはもちろんですが、根気よく美白対策をすることも大事です。

 

コスメを使ったりビタミンCを多く摂ったりすることで美白効果が期待できます。また規則正しい生活でお肌のターンオーバーを正常化させましょう。

 

ハイドロキノンが入っているコスメを使うことで薄くすることもできます。薄くならない場合は、皮膚科に行って高濃度のハイドロキノンを処方してもらうこともできます。それでも気になるときはレーザーで治療します。

 

そばかすの治し方

そばかすの治療法はシミとほとんど変わりません。先天性のものが多いので、完全に消すことは難しいとされていますが、ケアすることで今以上に濃くしないようにすることは可能とされています。

 

肝斑の治し方

肝斑は飲み薬で身体の内側から治療していきます。トラネキサム酸という、プラスミンを抑制する働きのある成分が配合されている薬を使います。

 

それでも良くならない場合は、肝斑専用のレーザー治療をしていきます。肝斑は通常のシミ用レーザーだとかえって濃くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

もちろんスキンケアも大事ですのでしっかりと行ってくださいね。できれば避けてとおりたいシミ・そばかす・肝斑ですが、できてしまった場合はあきらめずに今回ご紹介した方法でケアしてみてくださいね。

 

シミ、小じわに効く唯一の医薬品が『ロスミンローヤル』です。キャンペーンで75%オフでお試しすることができるので一度お試しして下さい。

 

 

ロスミンローヤル参考記事