シミトールの副作用|気をつけることとは!?

「シミを内側から治療する薬」との事で多くのシミに悩まされている人に愛用されている「シミトール」皆さんは活用された事がありますか?

 

1日たった6錠でアスコルビン酸(ビタミンC)が2000mgが摂取できる、そして効果と安全が認められた第3類医薬品ですので他のサプリメントよりも効果が期待できます!

 

しかし!サプリメントだけでなく薬品も同じく気になるのが副作用です!
そこで今回、シミトールには副作用があるのかどうか?紹介していきます。

 

ビタミンCの過剰摂取によるお腹の不調

ビタミンCが過剰に体内にありますと、お腹の不調が出てきます。
と言うのも、ビタミンCは肌の老化を防ぐ「活性酸素」を防ぎますので行き場を失ったビタミンCが様々なところに溜まってしまうからです。

 

そのためもともとお腹の中に含まれていないビタミンCが暴れ始めてしまい、お腹の不調を促してしまうのです。結果、下痢の症状や胃袋を刺激されてしまい吐き気をもよおす危険が出てくるのです。

 

虚血状態時のビタミンCによる細胞破壊

シミトール副作用

”一番危険な状況がビタミンCによる細胞破壊”です。

 

もともとビタミンCは水溶性ビタミンですので例え過剰に摂取していても、尿や汗等によって体外に排出されます。しかし、心臓に酸素が足りない「虚血状態」ですとビタミンCは体外に排出されにくくになります。そのビタミンCはなんと体内の鉄イオンと結合して足りない酸素を生み出す「活性酸素」に変化するのです!

 

心臓は「酸素が足りない!」と言う状態になると、例え細胞を破壊する活性酸素であっても生み出してしまいます。健康のために摂取していたはずが、結果として細胞を破壊する活性酸素に生み出してしまうのです。

 

もし病院で「虚血状態」もしくは「動脈硬化」の人や、以前「心筋梗塞」「狭心症」を発症した人はシミトールに限らずビタミンCの過剰摂取は止めましょう。

 

シミトールは用法用量を守って使用しましょう!

 

最後になりますが、シミトールはビタミンCを活用して内側からシミを改善する素晴らしい商品です。
しかし、そんな素晴らしい商品も用法用量を守らなかった、または過剰摂取しては効果を発揮できず反対に副作用が出てしまいます。

 

確かにビタミンCは水溶性のビタミンですので重複となりますが、体外へ排出されやすいです。ですが上記のような副作用が出てしまっては意味がありませんので必ず用法用量を守って使用しましょう!

 

シミトールの口コミをまとめているので参考に。

 

⇒シミトールの悪い口コミと良い口コミ

 

シミトール参考記事

 

TOP⇒ロスミンローヤル