シミを作らないために

シミ対策

シミにはそばかすや肝斑など原因や現れ方でいくつかの種類がありますが、いずれの種類のシミでも共通点があります。

 

それは、「一度できたら完全に消すことはきわめて難しい」ということです。なので、シミ対策では予防が最も肝心です。

紫外線対策は万全に

シミができる大きな原因が紫外線です。紫外線でできるシミでは、「日光性黒子」や「老人性色素班」があります。そばかすも紫外線が原因でできます。紫外線でシミが出来るのは、紫外線により皮膚のメラニンが活性化し色素沈着を起こすからです。紫外線によるシミのでき方には個人差があります。

 

一般的に色白で日焼けをしにくい人の方がシミが出来やすいと言われています。紫外線対策として、最も有効なものは日焼け止めクリームです。夏だけでなく冬も塗りましょう。また、曇りや雨の日、屋内でも紫外線を浴びています。歯磨きや洗顔と同じように、朝起きたら日焼け止めクリームを塗るという習慣をつけましょう。

 

また、受けてしまった紫外線ダメージに対しては、ダメージをできるだけ小さくおさえる努力が大切です。肌がほてっているときは、冷やしたタオルや化粧水で熱をとりましょう。食事では、ビタミンCを意識的に摂ります。ビタミンCには、美白効果やシミを予防する働きがあります。

 

洗顔はやさしく

シミ

シミができる原因の二つ目は肌への物理的刺激です。手などで肌をごしごしとこすったり、叩いたりすると、その刺激で肌にシミができてしまいます。シミを予防するためには、肌には極力触らないことがポイントです。

 

特に女性の場合は、スキンケアに力を入れすぎるために、過度なマッサージをしてしまったり、スキンケア中の肌へのタッチが多くなりすぎることがあるので気をつけましょう。顔を洗うときは、たっぷりの泡を作って、泡で顔を洗う泡洗顔がおすすめです。

 

泡洗顔のポイントは、手のひらと顔の間に常に泡がある状態で顔を洗うことです。手のひらが顔の肌に触れないことを意識するとよいです。スキンケアのときは、パッティングやマッサージはせずに、手のひらで顔を包み込むようにして化粧水や乳液をなじませるとよいです。

 

また、スキンケアで何種類もの化粧品を使うとその分、手が顔の肌に触れる回数が多くなります。シミが気になる方はシミに効く医薬品がおすすめです。

 

シミに効く医薬品は、ロスミンローヤルシミトールキミエホワイトが評判が高い医薬品です。

 

睡眠時間は十分に

ホルモンバランスが乱れると、シミができやすくなります。特に肝斑は、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。ホルモンバランスを保つには、睡眠時間を十分にとることが大切です。

 

特に成長ホルモンが分泌される、夜10時〜2時の間は寝るようにしましょう。また、肌のターンオーバーも睡眠中に行われます。ターンオーバーがうまくいかないと、紫外線で増えたメラニンが肌に定着してしまったり、古い角質がいつまでも肌に残ることで色素が沈着してしまいやすくなります。

 

十分な睡眠をとることで、ホルモンの分泌を促し、ターンオーバーのしやすい肌になります。

 

顔のシミ予防対策参考記事