トランシーノUの効果と口コミ

トランシーノUは第一三共ヘルスケアから販売されている医薬品です。

 

肝斑の有効成分として「トラネキサム酸」を配合し、メラニンの産生を促進するメラノサイト活性化因子の情報伝達をブロックし色素沈着を抑える働きがあります。

 

また、リニューアルしたことで有効成分が1.5倍になり、服用も3回から2回になり飲みやすくなりました。

 

ここでは、効果と本音の口コミをご紹介していきますので参考にしてください。

トランシーノUの効果|トラネキサム酸

トランシーノU口コミ

まず、トランシーノUトラネキサム酸の効果の前に、「肝斑」ができる原因とされているものについてお話します。

 

一般的にシミと呼ばれているもののほとんどが老人性色素斑で、紫外線の蓄積によってできますが肝斑は違います。

 

肝斑は、女性ホルモンの乱れによってメラノサイトが活性化し色素沈着しシミができます。

 

一般的にシミは、外的要因でできますが肝斑は内的要因でできるシミなのです。

 

では、トラネキサム酸はどんな働きで肝斑に効いてくるのか!?

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れですが「トラネキサム酸」は女性ホルモンに働きかける作用があるわけではないのです。

 

トラネキサム酸は、メラニン発生の要因であるメラノサイトの活性化を抑制し、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑え、結果として肝斑を薄くする作用があると考えられています。

 

このメラノサイトの活性化の抑制と、ビタミンCなどのメラニン還元作用で肝斑を徐々に薄くする効果が期待できるということです。

ただ、トラネキサム酸は副作用もある

トラネキサム酸は確かに、肝斑に有効な成分ですが、比較的副作用のある成分でもあります。
特に、血栓ができやすい人などは服用することができません。

 

それは、トラネキサム酸の働きは「止血剤」だからです。
例えば、小さな血栓があった場合、通常であれば徐々に溶け出すものがトラネキサム酸を服用することで溶けにくくなってしまうのです。

 

トラネキサム酸で起こりうる副作用

頭痛、下痢、腫れ、食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹などが報告されている副作用になります。
また、上記以外にも気になる症状があれば、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

トランシーノUは、第1類医薬品に分類されている薬で第2、第3医薬品と比べ副作用の強い薬になります。実際の服用に関しては、使用上の注意をよく読み正しく服用することが大切です。

 

トランシーノUの口コミ
トランシーノUの悪い口コミの声

  • 肝斑が気になり服用し始めましたが効果は無いです。
  • 2週間服用しましたが、目に見えた効果はなく即効性はないです。
  • 2ヶ月飲んで、肝斑とシミはまだ消えません。
  • 飲み始めてから胃痛がするようになりました。
  • 飲んで数十分後に、眠気、頭痛、倦怠感などが襲ってきました。
トランシーノUの良い口コミ

  • 広範囲に広がったシミが薄くなってきました。
  • 全体的にシミが薄くなってきた気がします。
  • 2週間程度で、肌のくすみが取れ明るくなってきました。
  • 肝斑の色素が薄くなったように思います。
  • 飲み始めてからほとんど目立たなくなり、化粧をすれば隠せるくらいに。
  • 4週目以降から本当の効果が現れます。

 

トランシーノUの口コミからわかるように、体質的に合う方にはとても良い効果が期待できるようです。ただ、やはり副作用や体質的合わない方も多く両極端な評価が目立つ医薬品です。

 

肝斑には、トラネキサム酸だけではなく「生薬」成分も有効

トラネキサム酸は、メラノサイトの活性因子を抑制することで肝斑を予防改善しますが、「生薬」は女性ホルモンに働きかけることで肝斑を予防改善します。

 

生薬成分のよいところは、さまざなな要因にトータル的にアプローチすることができることです。
体の内側を整える働きがあり、血流促進、ホルモンバランスを整え、肌の代謝を促進など肌トラブルの根本を改善する働きがあります。

 

また、トラネキサム酸のように副作用の心配がほとんどなく安心して服用することができます。

 

この生薬成分を配合した医薬品が『ロスミンローヤル』です。国内唯一のシミ・シワに効く医薬品でもあります。

 

生薬成分で、ホルモンバランスを整え、肌の代謝を上げ、ビタミンCとL-システインでメラニンを還元し肝斑の改善に効果が期待できます。

 

>>ロスミンローヤルの詳しい詳細はこちら<<

 

ロスミンローヤルの口コミをまとめているので参考にしてください。

 

⇒ロスミンローヤルの口コミと効果まとめ